安倍氏 (あべし)

【出典】 竜の柩
【分類】 氏

陸奥国の豪族。

「秋田系図」「藤崎系図」によると、安倍氏は安日彦の子孫とされる。

安倍を姓にした由来としては、『会津旧事雑考』には次のように記されている。崇神帝の時代に蝦夷が叛乱を起したので大毘古命(おおびこののみこと)の子安倍河別命(あべのかわわけのみこと)を将軍として討伐させた。安倍河別命(建沼河別命)は苦戦を強いられた。そのとき安東(やすはる)という者が、願い出で言うには、自分は宇摩志麻治命(うましまじのみこと)の臣下であった安日という者の末裔である。先祖の安日は罪を得て、東国に蟄居したが、ついに今にいたるまで赦免がない。罪を赦してもらって命令をして下されば、私は先鋒となって戦いますと言った。そこで安倍河別命は安東を先鋒として戦わせた。安東は大いに手柄を立てた。その功績を賞して安倍姓をさずけ、さらに将軍の号を与えた。それが奥州安倍氏の始まりである。

秋田系図「寛政呈譜」によれば、安日王と長髄彦の兄弟は摂津国胆駒(いこま)岳に住んでいたが、神武帝が東征して大和に入ったとき、安日は放逐されたとある。安日の子孫は北海の浜に数代とどまっていたが崇神天皇の御代、安倍将軍河別命が夷狄を追伐するとき、安日の末裔が将軍に従って軍功があったので、将軍は自分の氏の安倍を与えた。そこで安倍を称するようになったという。

一方、『阿部伝記』はでは、斉明帝の御代、阿倍比羅夫(あべのひらふ)が遠征した時に安東と言う者が現れたことになっており、阿倍比羅夫が、その勲功をたたえて安倍氏の姓を与えたと記され、「これより安東安倍とも号し祖先の名に通じて安日とも書す」とある。

これに対して『東日流外三郡誌』では、「阿倍比羅夫が水軍を以って、荒吐族に降り、和睦以来なり」と記され、安倍安国(やすくに)が安倍氏初代で、二代が安倍安東(やすはる)とされる。

安倍氏は、「奥六郡の司」(岩手県中央部の胆沢、江刺、和賀、剰貫、紫波、岩手の六郡の郡司)として蝦夷を統率する地位にあったが、前九年の役で、安倍貞任(さだとう)が厨川柵(くりやがわのさく)で戦死し、降参した宗任(むねとう)らの一族は伊予国と大宰府に流されて,安倍氏は滅亡した。しかし、「秋田系図」「藤崎系図」によると、安倍貞任の次男・高星丸が厨川柵から落ち延び、津軽の藤崎城主となり安東氏を興したとされる。

田中勝也氏、谷川健一氏は、アイヌ語で火を意味する単語がabe(アベ)api(アピ)であることを指摘し、安日も安倍も同じくアイヌ語の火をあらわしていると述べている。


【関連項目】 
【参照URL】 
【参考文献】 

【登録日時】 2007/06/24 15:57
54 【修正】 【削除】